読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良猫のいる生活

皆さんの家の周りに野良猫はいますか?

皆さんは野良猫と、どう接していますか?



初めて野良猫を意識したのは15歳の頃


家の裏にある爺様が作った小さな小屋から可愛いらしい猫の鳴き声。




勝手口にあった便所サンダルを静かに履き、ゆっくりドアの鍵を開け、そーっとドアを開いて声の主を探したんだ。

小屋の後ろに捨てられていた車のタイヤの上に母猫と共に3匹の子猫が仲良く身を寄せあっていた。


子猫の体を舐めている母猫と甘える子猫をしばらく眺めてたんだ。

その日から野良猫を意識した生活が始まっていくんだ。


勝手口近辺で遊んでいる猫達を見つけると、好んで一定の距離を保ち見ていた。


まぁ、なつかないね

仕方ないから勝手口にちぎった魚肉ソーセージをバラまき、遠巻きに眺める事数日。

ある時から、そこに食べ物があると認識した猫達はオレを待つようになるんだ。

まぁ、なつかないけどね


そんな関係性が構築され、オレはオレのペース、猫達は猫達のペースを守りながらの生活がこの後何代も続くんだ。


今、あの頃の母猫はいない。
子猫達もいない。

でもあいつらの血を受け継いだ猫達が知っているだけで、今8匹いる。

何代目の家族かは知らない。

毎朝の散歩の時には数年前から住み着いている斜め前の家の玄関の前でオレとチョッパーを見送ってくれる。

今年の春先に生まれた子猫もかなり大きくなっている。

まぁ、なつかないけどね



そろそろあいつらのDNAにオレは仲間だよーっていう記憶が刻まれてもよくね?


今まで二十年これから数十年


オレが死ぬ時にも言ってるのかね?



まぁ、なつかなかったね

広告を非表示にする