読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉尾のじいさん~生涯現役~

ウチの前を365日欠かさず走っているお爺さんがいる。






オレは今、38なんだが小学生の頃にはすでにこの爺さん(当時はおじさん?)の存在を認識していた。


名前を知ったのは一昨年の夏だった。



あの爺さん、ずっと前から走ってるけど誰?



ウチの前をまるで苦行を受けた様な必死な形相で、走っている、というより前のめりで転びそうなフォームで歩くより少しだけ速く走って?いる爺さんに、ちょっとだけ興味を持ったオレはオカンに尋ねた。



あ~玉尾さん?
あの人、xx町の人だよ。


xx町はウチから車で15分程の町だ。


え?
あっこから走ってきてんの?


そう聞き返すと


あの人もっと広い地域を走ってるよ


だって。


ふーん…
あの爺さん何歳なの?


矢継ぎ早に聞き返すと



90過ぎてるみたいだよ


と、返ってきた。



それから暫らくして、配送の仕事を始めたオレは、この爺さんを至る所で見掛ける事になる。


オレの配達エリアは一周するだけなら車で40分程だ。

そのエリアの中に玉尾の爺さんの家があった。


ある日、見慣れない住所に1通の封書を届ける事になった。


ゼンリンの地図を広げ、番地を確認すると


玉尾xx


(ここだな)


大体の土地勘はあった。
後は近くまで行けばわかるだろうと思い、目的地を目指した。


途中の道で玉尾の爺さんを見掛け、


(お、頑張ってるな)


咥え煙草で玉尾の爺さんを見送り、目的地周辺に到着した。


日中の住宅地は意外と人がいないもので、遠くに見える畑で作業している人は見掛けるが、住宅エリアは閑散としていた。



(ここら辺なはずなんだけどな?)



しばらく周辺を歩き回り、車に戻って地図を眺めていると、1台のタクシーが通りかかった。


すぐさまタクシーを止め、道を聞くと


あぁ、あそこの家の庭を通り抜けた先にあるよ


との事。

道理で分からない訳だ。

二階建ての家の陰に隠れた平屋が玉尾xxさんの家だった。

教えられた通り、手前の二階建ての庭を抜け、目的の平屋にたどり着いた。

呼び鈴らしき物が見つからなかったので、引き戸を開け


どもー、お届け物でーす。ごめんくださーい


と、声を掛けると


えらく腰の曲がった婆さんが無言で出てきた。

と、同時に後ろから聞こえた砂利の音


蛍光黄緑タンクトップにレモンイエローの短パン、つるつるのハゲ頭の玉尾の爺さんが立っていた。


あ、どーもー、お届け物でーす。


と、封書を差し出したんだ。


汗だくで、苦しそうに口で呼吸をしていた玉尾の爺さんは


はい、どーもー。ごくろーさーん。

と、ゆっくりとした口調で封書を受け取って、家の中に入っていった。


封書の表に書かれていた文字は



2014年度シニアマラソン大会のお知らせ



あの爺さん、止まると死ぬんだな



きっと。




最後まで読んで頂きありがとうございました。

広告を非表示にする