鬱病克服体験記~苦しんでいる全ての方へ~

オレが鬱を自覚したのは中学生の頃。





幼い頃から引っ込み思案で人見知りの激しかったオレは


仲間に入れて


の、一言が言えない子供でした。

本を読んでお絵描きしてる記憶がほとんどで、野山を駆け回ったり、スポーツしたりって記憶はあまりありません。


きっかけはいじめでした。


小学校4年の時、肥満児にだけ渡される手紙を貰った時にからかわれたのを皮切りに、罵詈雑言、物を隠される等のいじめの対象になり、6年の夏休みにダイエットで激痩せするまで続きました。

いじめは収まりましたが、心の傷は深く、次第にやさぐれて行きました。

母親に


最近目つき悪いよ


と、言われた頃には小学時代にオレをいじめてた人達にビビられる様になり、


あの時はゴメンね、ね?


などと言われる様になってしまいました。

類は友を呼ぶで、オレの回りには家庭環境に問題があったり、素行不良な友達が増えていきました。

彼等、彼女等は親の離婚や虐待、貧困により差別や迫害を受けた


不幸の連鎖が産み落とした哀しき産物


でした。

しかし、彼等は素行不良ではありましたが、痛みを知る者に対してはとても優しく、彼等との生活はオレにとっては安らぎの一時でした。


他人に恐れられる事が唯一の自分を守る手段

になってしまったオレは、今でもこの鎧を脱ぐ事が出来ないでいる。

しかし中身は傷付く事に対して0耐性。
非常に臆病で、困難から逃げ、自分を肯定する事で自我を保つ性格は変わらない。


逃げ癖は実に厄介で、今まで部活であったり、仕事で人間関係に躓くとすぐに逃げ出す様になっていました。


いじめのトラウマで、


何気無い冗談


すらも、自分を否定する言葉の矢の様に感じ、なるべく人と関わらない様に生きてきました。


ある仕事で主任を任された時に、経営者に毎日の様に

数字を出せ、結果を出せ


と、毎日の様に詰められ、週一日の休み、祝日、盆、正月の関係無い仕事で疲れ果てていたオレは次第に壊れて行く事になります。


元々無口なのに更に輪を掛け、仕事の連絡事項以外は家族とも友人とも話す事は無くなり
、仕事以外は一歩も外に出れず、ひたすら天井を見つめるだけの生活が続きました。


熟睡なんて出来ません。
いつも汗だくで夜中に飛び起きてました。


悪夢で。


次第にやつれていったオレに嫁は困惑していきます。

心配はしてくれるのですが、鬱に対して知識も耐性も無い嫁は当時そうとう悩んだみたいです。



精神科に行ってくる


そう自分で嫁に伝えたのは倒れる寸前の事だった。


goldenbat.hatenadiary.com


goldenbat.hatenadiary.com

広告を非表示にする