読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eric ~時を越えて~

今週のお題 愛用しているものについて書こうかな。

 

 

オレが普段愛用している物の中にZippoライターがある。

 

goldenbat.hatenadiary.com

 

 

一時期収集していて、今現在は10個程所持している。

 

中でもよく使っているのが1950年代に造られた物だ。

 

Zippoの年代を特定する方法の一つに底の刻印を見るというのがある。

 

 

各年代毎に刻印が異なり、オレが使用しているのは通称フルスタンプと言われる物だ。

 

 

 

 

 

そいつを手にしたのは21の頃。

 

 

 

それまで使っていた安物のZippoを無くしたのを機に、お気に入りの喫煙具専門店に足を運んだ時の事。

 

 

ども

 

あ~、どーも。ゴールデンバット1カートン?

 

 

いや、今日はZippo買いに来まして。

 

 

こんな会話から始まった生涯の友との出会い。

 

この煙草屋少し変わっていまして、煙草関連の物以外にも時計やら洋服やら雑貨に至るまで色々取り揃えており、オレの嗜好とばっちり咬み合いよく利用していた。

 

 

どんなの探してるの?

 

 

スタイリッシュな風貌の口髭をたくわえた店長が聞いてきた。

 

 

ん~、ちょっと悩み中で。

 

 

そう言ったオレに店長が

 

 

オレ君フィフティーズ好きだよね、この間買い付けてきたんだけど

 

 

と、言ってショーケースから出してきたのが1950年代のzippoだった。

 

 

軽くzippo雑談をしながら品定めをしていると

 

 

これ名前彫ってあるから少し安くするよ

 

 

と、店長。

 

 

Eric

 

 

Zippoの側面に引っ掻くように彫られていた名前だ。

 

 

なんか惹かれるものがあり、少し高かったが購入した。

 

 

 

今2015年だから約60年前のこのzippo。

 

どういう経緯で外国から雪国のど田舎に渡ってきたのかは知らない。

 

ただEricという人物が使っていたという事実。

 

彼は何歳でどのような人物なのだろう?

どのような経緯でこのZippoを手放したのだろう?

 

 

様々の事が頭を巡る。

 

 

毎日オレの煙草に火を灯してくれる愛用品。

 

 

死ぬまで手放す事は無いだろう。

 

 

オレが死んだ後何処に渡って行くかわからないが、心ある人の手に依って大事に受け継がれていってくれたら嬉しい。

 

 

時を越えて。

 

 

って、いつもならスカして終わるんですが、愛用品ということなので一つ紹介を。

 

生活必需品の中に車があります。

 

この車に関する面白いエピソードを書かれているこちら

 

 

お客様は神様! いえいえ只々呆れる尊敬なんか絶対されない先生編 鍵開け第2弾 - お客様は神様? 王様? 鬼?ビジネスブログ!

(笑)お客相手の商売だと色々ありますね(笑)さぞ面白い話を沢山ストックなさってるのでは?楽しみにしてます(^-^)

2015/10/29 12:31

 

面白くて更新が楽しみなブログの一つです。

 

 

 

愛用品、大事にしてますか?

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする