一番やってはいけない事をしてしまった~目に見える物だけが全てじゃない~

配達中の話。

 

 

 

おはようございま~す!

 

 

お客さんと会ったら必ずオレの方から挨拶する。

 

 

おはようさん

 

ごくろうさん

 

おう

 

 

など、様々な反応が返ってくる。

 

声を掛け合って、顔見知りになって、信頼を得て、次の仕事に繋がる。

 

 

こんなスタイルでいつも仕事している訳なのだが、ある日の事。

 

 

 

いつも庭先で花壇の手入れをしているおばさんがいる。

 

 

この家にはあまり配達物が届く事は無かったが、隣の医療関係にお勤めの方には、毎日の様に何かしらの届け物がある。

 

 

いつもの様に医療さんちに到着すると、花壇のおばさんが庭先にいた。

 

 

(ちょくちょく見かけるし、挨拶しとくか)

 

おはようございま~す!

 

 

・・・・・・

 

 

 

顔をこちらに向けるでもなく、花壇に向かっていた。

 

 

 

(無視ね。よくある事)

 

 

 

そう思いながら医療さんに荷物を届け、次の配達先へと向かった。

 

 

挨拶を返さない人に多いのは、社会的地位が高く、年輩の人が多い気がする。

 

 

選挙の時だけいい顔する議員、デカい邸宅に住んでる建設会社の会長、海外旅行に頻繁に行くなんかの会社の社長。

 

 

挨拶され過ぎて、返す事がめんどくさいんでしょうね。

 

 

このタイプの人にされる無視は気にもなりません。

 

 

 

 花壇おばさんは普通のおばさん。

 

おばさんに無視されるって事はまず無いんで凄く印象に残った。

 

何度も何度も無視されて、正直良い印象は無かった。

 

 

 

 

xx町xx番地

 

 

 

花壇おばさんの番地だ。

 

家は分かってるが、オレは初めて配達するので

 

 

 (無視おばさんか・・やだな・・)

 

 

そう思いながらも仕事は仕事。

 

 

覚悟を決め、インターホンを押す。

 

 

 

ピンポーーン

 

 

・・・・

 

 

ピンポーーーン

 

 

・・・・

 

 

お届け物でーーす

 

 

・・・・

 

 

(留守か)

 

 

不在票を書く為に玄関先にしゃがみこんでゴソゴソやってると、後ろから車が車庫に入ってきた。

 

(ラッキー)

 

 

荷物を渡す準備をし、家主が降りて来るのを待った。

 

旦那さんと一緒に花壇おばさんが降りてきた。

 

 

(無視ババアだ)

 

 

少し身構え、

 

 

お届け物です、と言って近ずくと、旦那さんが

 

ごくろうさま、と言って無視ババアに向かって何やら手を動かした。

 

!(手話だ)

 

 

その瞬間、酷い罪悪感に襲われた。

 

 

 

花壇おばさんはすぐに判子を持ってきて、オレに会釈した。

 

 

 

(何やってんだオレ!   お前が散々されてきた、「深く知りもしないで偏見の目で見る」って事を自分でやってるじゃないか!)

 

 

花壇おばさんの目をまともに見れなかった。

 

 

無視したんでは無く、

 

 

聞こえなかったんだ。

 

 

申し訳ない気持ちで自己嫌悪に陥ったまま、必要以上なカラ元気で、

 

 

ども~~

 

 

って、お辞儀しながら車に駆け込んだ。

 

 

 

それを機に、医療さんちに届け物があって、隣の庭先に花壇おばさんがいると、必ず視界に入り、頭を下げて、でっかい口開けて

 

 

(おはよーーございまーーーす!)

 

 

って口パクしてるよ。

 

 

(すみませんでした)

 

 

も同時に。

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする