いつもの笑顔~まだ早いよ~

先月の事。





オレは荷物の他にも、カタログの類いも配ったりしている。


大抵のお宅は快く受け取って下さるのだが、中にはそうでない方もいる。





いらない。持って帰ってくれ。





そう言われる事も度々ある。

しかし、住所氏名が明記されている物は、勝手に処分する訳にはいかないので、頭を下げて受け取って貰う。





ゴミになるからいらないわぁ。ごめんなさ~い。





そう言って中島さんちの奥さんが、オレが差し出したカタログをの受け取りを、やんわりと断ると、





お兄さんも仕事で配ってるんだから受け取りなさい。お前が買い物した会社からのカタログだろ?





庭の植木の間から、中島さんが剪定鋏を片手に出てきた。




お兄さん悪かったね。ご苦労さん。




いえいえ、とんでもないです。
ありがとうございます。





中島さんとの出会いはこんな感じだった。


それからは中島さんの奥さんも快く受け取ってくれたんだ。


中島さんは定年退職したのか、いつも奥さんと庭いじりを楽しんでおり、物腰の柔らかいニコニコしたおじさんだった。







今日午前6時頃、山へキノコ取りに入った中島xxさんが遭難した模様です。






夕方の地方ニュースから聞き覚えのある名前が聞こえた。




(XX町の中島xxって、中島さんじゃん!)




慌ててテレビのボリュームを上げ、ニュースにクギ付けになった。


嫁に




知ってる人?




と聞かれ




あ、うん…お客さん…




と答え、中島さんとのエピソードを少し語った。


翌日、中島さんちの前を通ると、数台の車と慌ただしく家に出入りする人達がいた。




(まだ見つからないんだ)




そう思いながら、その場を立ち去った。






今日午後2時過ぎ、捜索中の中島xxさんが沢に転落しているのを消防と警察が発見し、死亡しているのを確認致しました。






(!?)



ニュースから伝えられた事実を、ただ黙って聞いていた。



翌日から数日の間、中島さんの家から沢山の人と車が消える事が無く、ようやくいつもの日常に戻ったのは、中島さんの葬式が終わった後だった。


毎日の様に庭にいた中島さんの姿は無く、奥さんの姿も見かけなくなった。






昨日中島さんちに園芸関係のカタログ置いてきたんだ。


玄関に並べられた鉢植えは萎れ、綺麗に掃除されていた家の回りには枯葉が散乱していた。



奥さんショックから立ち直れないんだな。
先月の事だもん。



オレのばあさんも栗拾い中に川に落ちて亡くなったんだが、キノコだの栗なんかスーパーで買えよって思うんだ。







死んだらダメだって。



goldenbat.hatenadiary.com

広告を非表示にする